キャッシングとカードローンの違いは?

キャッシングとカードローンの相違点に注目しよう

キャッシングとカードローンは、ともに用途が制限されていない融資のサービスですが、貸金業法をはじめとする法律により違いが明確になっています。初めに、キャッシングは消費者金融が専門に扱っているサービスであり、借りすぎなどのトラブルを防ぐ目的で、収入に応じて融資を受けられる限度が定められています。一方、銀行が扱うカードローンは、それぞれの銀行で独自の審査が行われており、場合によっては収入に関わらず高額な融資を受けることも可能です。なお、カードローンはキャッシングと比較して審査が厳しい傾向がありますが、各銀行の基準によって大きな差が出ることから、利用を検討するうえで借り入れ診断などを行うことがおすすめです。

キャッシングの返済のポイントを確認しよう

キャッシングの利用目的は人によってビジネスやレジャーなど様々ですが、月々の返済を無理なく続けるために、前もって都合の良い返済方法を選ぶことがとても大切です。特に、高額な融資を受ける場合には、返済期間が長くなるにつれて、利息額が膨れ上がってしまうことがあるため、前もって信頼のできる消費者金融の担当者とよく相談をすることがおすすめです。また、キャッシングの返済額をリアルタイムで確認するために、ネット上の返済シミュレーションのシステムが優れているところを借入先に選ぶと良いでしょう。その他、初めてキャッシングを利用する際には、繰り上げ返済などの利息の負担を軽減できる方法についても確認しておくことがおすすめです。