気になるキャッシングの審査基準

金融業者により最初にスコアリング審査が行われる

同じ金融業者であっても、カードローン商品ごとにキャッシングの審査基準が異なります。なぜなら、金融商品には対象とするターゲット層があるので、会社員向けのカードローンとアルバイトやパート勤務でも借入可能なカードローンでは、審査基準に違いが生まれるからです。キャッシングの申込を行うと、最初に行われる審査がスコアリング審査といわれています。スコアリング審査では、申込時に記入した個人情報だけでなく勤務先情報や住居形態など様々な要因を点数化して合計点数が一定以上となった場合に本審査へ進める仕組みです。本審査では、人の目を介した目視審査が必要となるので、多くの人件費が必要となります。機械的に処理出来るスコアリング審査を通すことで、審査通過見込みがある申込者のみ本審査に進めるようにしているわけです。

本審査では信用情報照会で過去の金融取引を確認する

スコアリング審査を通過した申込者は、本審査に進んだ段階で個人信用情報機関へ信用情報照会が行われて、過去の金融取引に関する情報と他社へ届出ている個人情報との相違が無いか確認されます。無担保ローンという扱いとなるキャッシングでは、返済能力も確かに重要ですが、何よりも信用に足る人物かどうかを見極めることが重要です。他社で金融事故を起こしている人は、一定期間信用情報機関に事故情報が登録されるので、他社申込をしてもキャッシング審査に通りません。他社へ届出ている個人情報と矛盾する内容を記入している場合にも、嘘をついていると判定されるので信用できない人物として審査落ちとなってしまうわけです。キャッシング審査では、現在のありのままを正直に申告することが何よりも大切です。